少しの工夫で元気いっぱいになりましょう(*^-^*)

心身ともに疲労困憊!セルフケア4選とやっちゃいけないアレコレ!現役理学療法士さんより

心身ともに疲労困憊

最終更新日

心身ともに疲労困憊

 

♪人生楽ありゃ苦もあるさ〜♪

とはいえ、苦ばかりが重なったり、辛くて仕方のない心身ともに疲れ切ってしまう時期ってありますよね(−_−;)

 

そんな時、あなたならどうしますか?

人それぞれ解消の仕方は違うかもしれませんね。

 

心身の疲労を上手に解消でき、心身ともにパワーUPする方法を現役理学療法士さんにお話してもらいました!♪( ´▽`)

 

 

 

 


↓理学療法士さんのお話開始↓

・とても疲れている時に、ついついイライラしてしまう
・体調が良くない時は、普段より気分が落ち込む感じがする
・誰かに怒られたり嫌なことがあった時に、体がだるくなってしまう
・褒められたり嬉しい事があった時、は身体のパワーが湧いてくる!

などなど、日常の中で、喜怒哀楽から心が左右され、身体のコンディションから心が左右される、という事を実感する瞬間がありますね。

 

 

心と身体が密接に繋がっているという事や、簡単なのに重要なセルフケアを見ていきましょう!

 

心と身体について

 

心と身体

「心と身体はつながっている」という事は、世の中に浸透しています。

 

 

「病は気から」という昔からあることわざがまさにそれですね!

 

「病は気から」の解説

 

心配事や不愉快なことがあったりすると、病気になりやすかったり、病が重くなったりするものである。
気持ちを明るく持ち、無益な心配はしないほうが、病気にかかりにくかったり、病気が治りやすかったりするということから。
「病は気より」ともいう。

引用:故事ことわざ辞典

 

この言葉の意味を再認識したところで、どのように活用するかが肝心ですね(^^)/

 

 

そもそも健康ってなんだろう?

 

健康ってなんだろう

健康が大事だ!という事は百も承知のことですが、健康という言葉から感じるイメージはどんな状態でしょうか?

 

精力的に働く姿?

趣味やスポーツに没頭する姿?

人それぞれで健康な自分をイメージしたときに浮かぶ姿は多少違っていると思います。

 

健康の定義について
WHO憲章では、その前文の中で「健康」について、次のように定義しています。

Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.

健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが
満たされた状態にあることをいいます。(日本WHO協会訳)

引用:日本WHO協会

 

この定義を基準とするならほとんどの人は健康とはほど遠いような感じがします💦

 

 

肉体的、精神的、社会的すべてが満たされた状態の人はなかなか居ないかもしれませんね。


先日電車を利用した際に色々な人を見かけました。

 

歩いて電車の乗り降りをする人、大急ぎで走っている人、そこだけ見ると身体は健康そうとみて取れますが、電車内での姿は疲れていそうだったり眠そうだったりイライラしている、という人を見かける事が多く、楽しだったりそう穏やかな表情の人は少ないように感じました。

 

 

日々頑張っている中で、ストレスを上手に対処できずにまたストレスを感じて、、、といったことを繰り返している人は多いですね。

 

 

 

心が限界になると、いつか身体にも色々な形で支障が出てきます。

 

 

 

そして年齢が進むにつれて、がん、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病などにかかってしまうリスクが高くなってしまいますし、近年精神疾患にかかる人も急激に増えています。

 

ここまで読んで下さったあなたは自分の健康を守るために出来る事をはじめるチャンスです(^^)/

 

 

心身の健康を守るセルフケア

 

心身のセルフケア

健康はまず心のケアからと言えますね💖特にガンと戦ってくれるNK細胞はストレスにとても弱いですから(;´Д`A “`

ガンとNK細胞に関しては👉コチラ


<心身のケアに効果的なこと>
①有酸素運動→ウォークングや軽いジョギングを、汗ばむ程度に!※水分補給も忘れずに!!

②栄養→バランスの良い食事をこころがけるのはもちろん、どうにもこうにも元気がわかない時は柑橘類を摂り入れると香りが食欲をそそり心も元気にしてくれます!

 

③睡眠→身体を休ませる事は必須です。6~7時間の睡眠時間を極力確保!しかし寝すぎは死亡リスクが上がるので注意!!

④目や鼻も癒す→森林浴やアロマテラピーが非常に有効です。特に、森や自然のある歩くことは感情の波を落ち着かせてくれるといった有効なデータも出ています。


どれも知っている内容と感じるかもしれないですが、心や身体が辛いときに脳は誤ったケア方法を選択して短期的に痛みから免れようとします。

 

しかし、その代償として後日痛みを増やして帰ってきます・・・・

 

  • イライラするからドカ食いしちゃえ〜!
  • あーいやだいやだ・・・といつもより煙草を沢山スパスパ
  • ストレス発散で衝動買いしまくり(☜満たされた錯覚・・・)

 

こんな光景、テレビや映画ありそうですが、自分に優しくない間違った発散ですね💦

 

正しい4つのケアで自分を守りましょう!!!

 

↑理学療法士さんより↑


いかがでしたか?♪( ´▽`)

 

確かに・・・・心身が辛いときは心がふわふわするような、いつもとは違う感覚になっているなぁと感じる時があります。

そうゆう時っていつもはしない失敗をしてしまったりしてさらに辛い状況を引き起こしてしまったり・・・(⌒-⌒; )

 

普段から自分の心身のコンディションを整えられたら最高ですが、もしもの為に4つのケア方法を頭の隅に置いておいてくださいね!

 

みんな誰かの大切な人です!自分を大切に周りを大切に素敵な笑顔でお過ごしください(*^-^*)

 

 

関連記事

プロフィール

ひよこ豆
現役セラピストのひよこ豆と申します。
わんこ大好きな2児の母です。
いつも周りの人たちの元気な笑顔に、
私自身が元気をもらっています(*^_^*)
元気があれば何でも出来る!
元気な笑顔がたくさん増えますように!

スポンサードリンク

応援よろしくお願いします(^^)/

にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ