静電気体質を改善!原因は体調不良?髪の毛の静電気防止策も!

体作り

寒くて乾燥した季節、静電気に悩まされていませんか?💦

 

私は今年もバチバチきています・・・(´;ω;`)ウゥゥ

特に、車から降りるたびに必ずです・・・毎回必ず。。。

 

 

静電気がバチッと来る人来ない人の差はなんだろう?

私はなぜ、バチバチ来るのだろう?

 

 

今日は、そんなご迷惑な静電気の原因と改善法のお話です。

 

 

 

 

静電気が起きる理由

 

日常生活での静電気は、摩擦と乾燥で起きることが分かっています。

 

冬場に静電気のバチッとくる嫌な痛さを感じやすいのは、

  • 空気の乾燥
  • 肌の乾燥
  • 厚着をして摩擦がおきやすい
  • 洋服の素材が暖かさ重視の化学繊維

これらが大きく関わっています。

 

小学生の時に、下敷きで頭を擦りわざと静電気をおこして髪の毛を逆立てて遊んだことありますよね(笑)

そのことからも、摩擦が静電気を発生させることがわかります。

しかし、下敷きで起こした静電気でバチッとくることはありませんでした。

それは、静電気の量が少ないから!

 

静電気がバチッと来る状態は、静電気が蓄積して電圧が高くなり火花放電される時です。

バチッときたり稲妻のような火花が目で見えるのは、蓄積した静電気放電の瞬間なのです。

 

 

静電気体質の傾向

 

静電気でバチッとなりやすい体質は、

  • 汗をかきにくい
  • 代謝が悪い
  • 血液がドロドロ
  • 乾燥肌
  • 身体の水分不足
  • 不規則な生活
  • 寝すぎ
  • 化学繊維の服を着ている

と言われています。


かなり静電気のバチバチを食らいやすい私・・・

たしかに、とても乾燥肌です・・・

それに、寒いのが本当に苦手なので、裏起毛のタイツや肌着を沢山着こみます・・・(笑)

 

 

車から降りる時に手や足が車の金属部分に触れてはバチッ!

手足が車に触れないように降りても、玄関のカギを差し込むときにバチッ!

買い物をして、おつりを貰うときにもバチッ!

 

おつりを貰うときにバチッと来るのは店員さんをドッキリさせてしまうので、お会計に行く前にどこかしらでバチッと放電してから向かいます(笑)

 

一度どこかでバチッと放電するとしばらくは大丈夫なので、やはり静電気が蓄積されて放電するという説がよくわかります。(;^_^A

 

 

静電気体質は体調不良?

 

あまりに静電気が人よりくると、「どこか悪いのかなぁ・・・」と思ってしまうかもしれません💦

 

静電気体質の人は、血液がドロドロで身体の流れが悪いと言われています。

 

不規則な生活や水分不足が血液ドロドロに直結していることは間違いないです・・・

血液がドロドロだと、脳梗塞や心筋梗塞等の最悪死んでしまう病気になるリスクもUPしてしまいます。

 

それに、美容面でも健康面でも水分補給は必要不可欠!

 

静電気の原因は様々なので全員が血液ドロドロではないかもしれませんね。

しかし、静電気体質だなぁという人は水分補給をしっかりすることを気にかけるチャンスです(*^-^*)

 

水分補給のお話はこちら👇

404 NOT FOUND | 現役セラピストが送る 心も体も元気になろう!
少しの工夫で元気いっぱいになりましょう(*^-^*)

 

髪の毛の静電気対策

 

髪の毛も、乾燥と摩擦で静電気がおきます。

なので、対策は保湿が一番!

 

髪の毛専用のクリームやミストやオイルで潤いを補給してあげるといいですね!

 

しかし、わざわざ買わなくても顔に塗ったクリームの残った手で軽く髪を撫でてあげるだけでも十分効果はありますよ(*^-^*)

👇おすすめ№1!

 

顔に塗った手で髪の毛を軽く撫でたり手グシをしています。

そのお陰か静電気体質の割に、髪の毛が静電気でペタッとなることはありません。

 

もしも、出先で髪の毛の静電気に悩まされたら、ハンドクリームなどでも効果があります。

 

冬場は、静電気対策にハンドクリームはお守り代わりに持ち歩くと身体も髪の毛も安心ですね(^_-)-☆


とても静電気体質の私ですが、水分補給はしっかり白湯や温かい麦茶を飲んでいます。

しかし、バチバチ来るのは・・・歳のせいで潤いが。。。

 

いや、そんなことはない!(;´Д`)

厚着のせいだ!着ているものだ!

 

 

たぶん・・・(笑)

 

車から降りた時にだけ必ず来るので、降りる時の摩擦も考えられます・・・

 

 

なんにせよ、あのバチッとくる痛さとドッキリ感はもう嫌だ・・・

 

 

今よりも水分を多めにとって肌の保湿に励んでみようと思いますm(__)m

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました