少しの工夫で元気いっぱいになりましょう(*^-^*)

骨盤矯正は自分でセルフケア!4つのダメな事を知ることが先決!

背中の張りを貯めない為のセルフケア

最終更新日

 

近年人気の骨盤矯正。

町の整骨院やカイロプラクティックサロンなどで、

「骨盤矯正やってます」

的な宣伝をよく見かけます。

 

なぜ骨盤が歪んだ感じになるのか?

それは普段の自分自身の姿勢と身体の使い方の現れです。

 

  1. 骨盤とは具体的にどこを指すか
  2. 骨盤の役割
  3. 骨盤が歪むってどうゆうこと?
  4. 骨盤に左右差が生じるのはなぜか?
  5. 下半身の筋肉バランスを崩す行動
  6. お尻のコリを撃退して骨盤美人

現役セラピストである筆者が、自身とサロンのお客様に効果のあった方法をお伝えします٩( ‘ω’ )و

 

 

骨盤とは具体的にどこを指すか

 

骨盤とは具体的にどこを指すか

 

一言で「骨盤」と言い表しますが1つの骨ではないんです。

 

虫の「蝶」の身体を思い浮かべるとわかりやすいかもしれません。

  • 蝶の羽のような左右にある「寛骨」
  • 蝶の身体のような真ん中にある三角の「仙骨」
  • 仙骨の下にある「尾骨」

大まかに、この3つの骨の部分をまとめて「骨盤」と言っています。

 

骨盤の役割

 

骨盤の役割

 

骨盤は私たちが二足歩行で居られる為の重要な役割を果たしています。

  • 内臓を守る
  • 内臓を支える
  • 上半身を支える
  • 座った時に上半身の土台となる
  • 上半身の筋肉と下半身の筋肉のつなぎ目になっている
  • 身体の重心になっている

骨盤が無かったら、内臓は下に落っこちちゃいます💦ホラーですね💦

 

それに、骨盤が無かったら座ることが出来ません。

 

上半身全部の重さを全部受け止めてくれる骨盤は相当な負荷を担ってくれています。

 

骨盤が歪むってどうゆうこと?

 

骨盤が歪むってどうゆうこと?

 

よく、「骨盤が歪んでいる」という表現を見聞きします。

 

しかし、実際骨盤自体が歪むということはあまりありません。

なぜなら、骨盤の寛骨と仙骨のつなぎ目の「仙腸関節」は他の関節のようには動きません。

ほとんど動かずに動くのはほんの数ミリなんです。

 

それに、そこが普通よりも柔らかくなり動かされるのは出産のときだけです。

 

 

「じゃあ、骨盤が歪むって嘘じゃん!!!!!」

「じゃあ、私の腰の骨の高さも違うしなんなの?」

 

と思われますよね(⌒-⌒; )

 

骨盤の高さの左右差の原因は骨盤周りの筋力バランスの差なのです。

 

 

骨盤に左右差が生じるのはなぜか?

 

骨盤に左右差が生じるのはなぜか?

 

実際、筆者のサロンのお客様でも骨盤の寛骨(蝶の羽の部分)の高さが違う人は沢山います。

その場合100%足の長さにも違いがあります。

 

しかし、お尻の筋肉やももをしっかりほぐしてあげると寛骨の高さも足の長さもほぼ同じになります。

 

・・・が、しかし、次回いらっしゃった時にはまた足の長さや寛骨の高さの差がある状態に・・・

 

 

 

それは、左右の筋力の差骨を支えている筋肉が凝り固まってしまう為です。

 

骨は筋肉で支えられているので筋肉の付き方に左右されます。

 

下半身の筋肉バランスを崩す行動

 

下半身の筋肉バランスを崩す行動

 

ここまでで、

  • 骨盤自体が歪むことはほとんどない
  • 寛骨の高さの差はお尻の筋肉に左右される

ということが分かります。

 

 

美しい姿勢は筋力バランスが鍵!

 

<下半身の筋力バランスを崩してしまう良くないパターン>

 

この4つは、実は上半身にも影響しますが下半身にとって大打撃・・・

 

かといって急にそれらを正してみたものの、しっくりこない、歩きづらい・・・と感じると思います。

 

しかし、少しづつでも意識して改善していかないと未来の身体も変わらないのです。

 

特に片足重心は骨盤周りのバランスを崩す大きな原因になります。

合わせてこちらの記事も読んでみてください👇

 

お尻のコリを撃退して骨盤美人

お尻のコリを撃退して骨盤美人

 

普段の身体の使い方プラス、気を付けたいのがお尻のコリです。

案外お尻の筋肉が凝ることは知られていないようです。

 

しかし、お尻の筋肉が凝ると腰痛や冷え等を引き起こすので要注意です!!

 

<お尻のコリ撃退法>

  • 股関節を回す
  • 階段を一段抜かしで登る
  • 大股で歩く
  • 腿上げ運動をする

など、とにかく大きく動かしてあげることが手っ取り早いです!

 

そして、動かしたあとは前ももを特にストレッチしてあげることが腰痛防止の面でも大切です。

 

 

 

少しの努力の積み重ねで未来の身体は確実に変わります!!

ずっと元気でカッコいい身体で居たいですね(^_-)-☆

 

関連記事

プロフィール

ひよこ豆
現役セラピストのひよこ豆と申します。
わんこ大好きな2児の母です。
いつも周りの人たちの元気な笑顔に、
私自身が元気をもらっています(*^_^*)
元気があれば何でも出来る!
元気な笑顔がたくさん増えますように!

スポンサードリンク

応援よろしくお願いします(^^)/

にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ