体作り

疲れが取れない?眠くて仕方がない?寒くても元気ハツラツでいる3つのこと

 

今夜も寒いですね(+_+)

 

これからもっともっと寒さが増すなんて、

この冬を無事に越せるかなぁ

と毎年思ってしまいます。(笑)

 

寒い時期って、疲れが抜けなかったり、

寝ても寝ても寝足りなかったり、

という人多いですね。

 

今日は、しっかり眠ってバッチリ元気になるお話です。

 

 

寒い時期の身体

 

寒い時期は、春先や夏よりも汗をかかないので水分補給が疎かになりやすいです。

 

そして、寒さ故に活発に動かなくもなり、汗をかく機会が減ってしまいますね。

 

そのような時、身体の中は、

脱水と代謝不良

の状態になりがちです。。。

 


 

そして、夏に比べて、「日照時間」が短くなるので、

自律神経も乱れやすくなってしまいます

 

 

お日様の光を浴びて日光浴をすると、

セロトニンという「幸せホルモン」を増やしてくれます。

セロトニンは、脳内伝達物質のバランスを整え、

安息感や満足感など、心を安定させてくれます。

特に、朝日にはセロトニンを増やしてくれる効果が高いので、

規則正しい生活(早寝早起き)をした方がいいと言われるのです。

 

お日様の光を浴びると心も身体も元気になって、

やる気スイッチを押してもらった感じになりますよね(*^-^*)

それは、セロトニンの増加と自律神経が整うからですね!!

 

日照時間が短い国では、悲しい事に、

うつ病になってしまったり、自殺してしまう人が多いのは日照時間と自律神経の関係という説が濃厚です・・・

 

お日様の光がこれほど身体に必要不可欠とは、人間もやはり生き物ってかんじですね(*'ω'*)ウホウホ

 

 

寒い時期に身体を整える基本

 

寒い時期の身体は、

  • 脱水状態になりやすい
  • 新陳代謝が悪くなる
  • 日照時間の短さで普段よりも自律神経が乱れやすくなる

ということがわかりましたね。

 

 

なので、

  1. 水分補給を忘れずにする
  2. 代謝を上げるように筋肉を使って汗をかく
  3. 日光浴をする(特に朝日)

この3つを気に掛けることはとっても大切です。

 

暑い時期でも寒い時期でも、生命維持の基本です。


<1.水分補給を忘れずにする>

ついつい忘れがちな

寒い時期の水分補給は、内臓から冷やすことのないように、体温よりも低いものは摂らないようにすると更にGOODです。

 

口に入れて冷たいと感じないもの

が、体温よりも低くない温度です。

 

そして、緑茶やコーヒーなどの

利尿作用のない、お白湯などで水分補給をしてあげましょう(*^-^*)


<2.代謝を上げるために筋肉を使って汗をかく>

一見わざわざ運動しないといけないように感じますが、

  • 家事をする
  • 歩く

などの普段の動作をするときに、

 

1枚多く服を着て、少し汗ばむペースで行う、

それだけでも、身体を使って汗をかけば代謝は上がります。


<3.日光浴をする(特に朝日)>

日の出に間に合わなくても、

せっかくお日様が顔を出している日は日光浴をしましょう!

 

日焼けが気になる人は、背中だけでも日光浴をしてくださいね!!

 

 

一日の終わりには・・・

 

基本の3つに、寝る前には深呼吸を必ずしてください!!

 

全身の血流が良くなり、しっかりぐっすり眠れます(*^-^*)

寝る前の深呼吸に関しては、こちらも読んでみてください👇

[blogcard url="https://chickladybug.com/are-you-breathing/"]

 


寒いのは苦手ですが、

冬には冬の良さもありますよね(*^-^*)大根美味しい!長ネギ美味しい!ミカン美味しい!

 

元気があれば何でも出来る~!!

寒さに負けるな~1~2~3~ダァーーーーーー!!闘魂( `ー´)ノ

 

 

人気記事

1

風邪やインフルエンザが流行する季節。 外出先でマスクをしている人を見かけることが多くなりますね。   果たして、マスクは何の目的でするのか? マスクをするとどのような効果があるのか? マスク ...

2

  近年よく耳にする、更年期障害。   「閉経前の女の人が体調を崩すアレね」という認識でしょうか?   人によって、症状の出方や時期はまちまちです。   平均的 ...

低血圧は食べ物から改善!即効性のある食べ物を外出中のお守りに!! 3

いつも怠かったり、めまいがする・・・ また、疲れやすくて食欲もいまいち・・・   もしかして、低血圧かもしれません💦 <低血圧の目安> 最高血圧100以下 最低血圧60以下 ...

4

老若男女みんなそれぞれの悩みやストレスを抱えながら生きていますよね。   同じ出来事でも、すごいストレスと感じる人もいれば、大した問題じゃないと感じる人もいます。 そして、いつもニコニコ元気 ...

-体作り
-, ,

Copyright© 心も体も元気になろう!【セラピスト監修】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.