少しの工夫で元気いっぱいになりましょう(*^-^*)

成長痛の原因は?我が子のその痛みはココから来ているのかも!?

最終更新日

成長期の小学生、中学生にありがちな成長痛。

 

私自身も我が子2人も経験あります。

 

まぁ私自身が経験したのは遥か昔の何十年前かしら?(笑)

そんな古い記憶も辿りながら、

今日は「成長痛」に関するお話です。

 

 

成長痛の身体的原因

 

 

子供が「足が痛い」「膝が痛い」「足首が痛い」

 

と、足の痛みを訴えた時、

 

アザはない、腫れていない、怪我した様子ではない、

 

となると、成長痛かな?と思うかもしれません。

 

 

そもそも、昔からよく耳にする「成長痛」という言葉。

 

「成長痛があるからこれから背が伸びる」

「成長期に骨がグンと伸びるから成長痛は仕方ない」

 

など、そんな認識も結構浸透しているようですね。

 

しかし、成長痛があった私ですが、

全然グンと伸びませんでした・・・(笑)

 


子供に多く見られる成長痛ですが、

子供はみんな成長途中です。

 

骨ももちろん成長途中。

 

その骨の端に「成長軟骨」と呼ばれる軟骨があり、

ここが大きく成長することで身長が伸びます。

平均的に男子18歳頃、女子16歳頃に、

成長軟骨が固まってしまうので身長が伸びるのも止まるのです。


この「成長軟骨」に、

身体的な疲労やストレスで炎症が起きている状態

が、「成長痛」の身体的な原因です。

 

子供が、「膝が痛い」「足首が痛い」と訴える時、

沢山運動したのかどうか聞いてあげてくださいね!

 

そして、運動過多が原因の場合は、

急性的な痛みと同じで冷やして安静にさせてあげてください(^_-)-☆

 

こちらの記事も参考に読んでみてくださいね👇

現役セラピストが送る 心も体も元気になろう!
1970.01.01
現役セラピストが送る 心も体も元気になろう!
https://chickladybug.com/body-pain-%ef%bc%92/
少しの工夫で元気いっぱいになりましょう(*^-^*)

 

 成長痛の他の原因

 

身体的な原因以外に、

成長痛の様な痛みを子供が訴える時。

 

実は、

心のストレスや心の疲労が影響している

という、心理的なものからくる場合も多いのです。


子供は心も身体も柔軟で、色々な出来事をダイレクトに受け止めます。

 

自分自身が気付かないうちに心が疲労し、

心のSOSが身体の痛みとして現れることはよくあります。

 

子供が、「足が痛い」と訴えても、

そんなに運動していない、怪我をしたようではない、熱を持っているわけでもない、

または、少し腫れているかな?という程度のときは、

もしかしたら、身体ではなく心のSOSかもしれません💦

 

特に、小学生中学生の頃は、

我が子もそうですが、周りもまだまだ子供。

お互い様ですが、人を傷つけることも傷つけられることもあるし、

小さな出来事でも流せる子も居れば、重くとらえてしまう子も、

それは大人社会でも同じですね。

 

それに、ストレートに親に泣きつける子も居れば、

プライドだったり、心配されたくない気持ちから、

吐き出せない子も沢山います。

 


子供が痛みを訴えた時に、

見た感じも、病院での診察もそんなに重症ではなさそうな時は、

「たいしたことないよ」

とは言わずに、

「どこが痛い?どれどれ見せて!」

と手当をしてあげたりゆっくり話をしてあげて、

心に寄り添ってみることもとても大事です(*^-^*)

 


最近、中学の部活での愚痴が多い我が家の次女。

 

初めての縦社会、先輩後輩という関係に苦戦しているところもある様です。

 

学校から帰ると、「ただいま~・・・今日ね・・・」と始まります(笑)

子供なりに考え我慢もし、良い人生経験ですが、

あまりに悲しい思いをした話を聞くと、ついつい、

「なにそれ!ママ、わざと部活見学行こうか?」

と熱くなってしまう、良くない親です・・・💦

 

私がそんな感じになると、さっきまで愚痴っていた次女は

「ママはすぐそうやって・・・まぁ平和に暮らせればいいんだから」

と、私を諭し始めます(笑)大人はどっちだ・・・(笑)

 

そんな感じの次女もストレスがMAXになったのか、

ある日「足首が痛い・・・」と訴えました。

 

見た感じも触った感じも、近日の行動を聞いても、

痛めているようではなさそうでした。

 

「あ、これは!心の方だ」

 

と思いましたが、心にせよ身体にせよ、痛いものは痛いので、

薬局で足首サポーターを買い、

お風呂上りにスースーする軟膏を塗ってあげ、

痛みはない部分も

「この辺は大丈夫そうかな~?」

とさすってあげたりをしました。

そしていつの間にか痛いとも言わなくなり、

サポーターはその辺に放置(笑)

 

後から振り返ると、

「足首が痛い」と言っていた時期は愚痴も多く、

痛みを訴えない時期は愚痴もあまりありませんでしたね(笑)

 

 

子供が痛みを訴えるときは、親は心配になります💦

しっかり様子をみてあげ、

念のために病院に行ってみたり、

何かしら楽になることをしてあげたり、

辛い気持ちに寄り添うことが、それが一番の特効薬かもしれませんね(^_-)-☆

 
 

関連記事

プロフィール

ひよこ豆
現役セラピストのひよこ豆と申します。
わんこ大好きな2児の母です。
いつも周りの人たちの元気な笑顔に、
私自身が元気をもらっています(*^_^*)
元気があれば何でも出来る!
元気な笑顔がたくさん増えますように!

スポンサードリンク

応援よろしくお願いします(^^)/

にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ