ふくらはぎがだるい!痛い!夜に辛くなるケースの対策はこの4つ!!

体作り

一日の終わりに一番疲れが出る足ですが、足の中でも一番疲労が溜まるのは膝から下のふくらはぎです。

  • 夕方になると足がだるい。
  • 朝よりも靴がキツイ。
  • 靴下の跡がくっきり残る程浮腫む。

そんな経験、誰でもあると思います。

 

なぜ足がだるくなったり浮腫んだりするのでしょうか?

老廃物の蓄積が大半を占めています。

 

現役セラピストである筆者が、自身とサロンのお客様に効果のあった解決策とともに、ふくらはぎの役割と不調の原理をお伝えします。

 

ふくらはぎの働き

ふくらはぎの働き

 

ふくらはぎの筋肉は、骨を支える・体を支えるだけでなく、下半身に流れていった血液を心臓に戻すポンプの役割をしてくれています。

 

二足歩行の私たちは、重力によって下半身の巡りが悪くなりやすい状態にあります。

その重力に負けず、血液を心臓に一生懸命送り返してくれているのがふくらはぎなんですね!(*^-^*)

 

ただ身体を支える為・歩くためだけではなく、体内の巡りという健康に不可欠なことを担ってくれているのです。

ふくらはぎが硬い人は要注意!!!!!

ふくらはぎが硬い人は要注意!!!!!

 

ふくらはぎが硬い=疲労物質でパンパン

というケースの人が、サロンのお客様の中でも多々いらっしゃいます。

 

ふくらはぎのだるさや痛みは、体内の流れの悪さのSOSですね

 

ふくらはぎの状態が良くない方の傾向

ふくらはぎの筋肉はポンプの役割をしてくれているので、適度な筋肉がついていないと十分な働きができなくなります。

特に、筋肉よりも脂肪が多いふくらはぎは健康面でも良くありません。

  • むくみやすい
  • 疲労を溜めやすい
  • 足が疲れやすい
  • 冷えやすい

という身体になってしまうので要注意です。

特に、冷えやすいという事は様々な内臓疾患にも繋がりますので下半身の筋肉は大切です。

下半身の筋肉に関してはこちら👇

下半身の筋トレ効果を現役セラピストが解説【ダイエット・冷え撃退】
下半身の筋トレ効果・ダイエット・冷え撃退に関心のある方必読! 本記事では、下半身の筋肉の役割・下半身の筋トレは健康の第一歩・下半身の筋トレ効果の3つのテーマでお伝えしています! 未来の体は「今をどう過ごすのか」で大きく変わります!

 

※内臓疾患等によるふくらはぎの不調のケースもありますので、「いつもとちがう」「なんかおかしい」という身体の声を聞いて病院にかかる事も大切です!

足の浮腫みに関しての深い内容はこちら👇

足のむくみを治す方法簡単な3選!お風呂のついでにセフルケア!
足のむくみを治す方法簡単な3選!お風呂のついでにセフルケア! 本記事では、足がむくむ原因・むくみやすい身体の状態チェック・怖いむくみはこう対処!!の3つのテーマでお伝えしています。 足のむくみだけでなく、下半身をスッキリさせたい方必見です!

 

ふくらはぎを元気にする対策!!

ふくらはぎを元気にする対策!!

 

ふくらはぎの疲労感や浮腫んでいる時にマッサージを受けるのはとても効果的です!

疲労の積み重ねや冷え等による血流の悪さを改善して足を楽にしてあげられますからね(*^-^*)

 

足を元気にする

足は血流が良い状態だと疲れにくく浮腫みにくいのです。

足が喜ぶ3つでベストな状態に!

  • 冷やさない
  • 温める
  • 血流を良くする

この3つがしなやかなポンプの役割を果たしてくれるふくらはぎには欠かせません!

 


元気な足になるセルフケア4つ

  1. 足裏を足つぼマッサージやゴルフボールで刺激する
  2. 背伸びをしてかかとの上げ下げをする(ふくらはぎのストレッチ効果)
  3. 足首をよく回す
  4. 足首を温める

この4つはとても重要で効果的です。

理由は以下です。


1.足裏を足つぼマッサージやゴルフボールで刺激する

足の裏には内臓の反射区が沢山あります。

そして、身体の一番下にある足の裏はどうしても老廃物のたまり場になりやすい状況にあるので、少し強めの負荷をかけて流れを良くしてあげる事はとても大事です。

足裏からふくらはぎ、そして膝上20センチ程までの足の内側のリンパを圧迫してあげると効果的です。

 

2.背伸びをしてかかとの上げ下げをする(ふくらはぎのストレッチ効果)

背伸びをすると、ふくらはぎにストレッチがかかりすっきりします。

そして、ふくらはぎの筋肉が動くのでふくらはぎのポンプ活動が更にUPします。

 

3.足首をよーく回す

足首は普段から、よ~く回してあげてくださいね!(*^-^*)

下半身の血流が良くなる助けになり、足の疲労物質も流れやすくなるので足の辛さが軽減します。

なにより、重力に負けず上半身に血液を戻すという大変な作業の助けになるのですからどんどん回して手伝ってあげましょう(^^)/

 

4.足首を温める

見逃せないのが足首を冷やす服装!

その時々の服装から、どうしても足首を露出するスタイルのこともあります。

 

足首だけでなく、身体を冷やすのは良い事は1つもないです・・・

出来ることなら、足首が隠れる長さの靴下を履いたり、レッグウォーマーなどで冷えから足首を守ってあげるとGOODです(^_-)-☆

 

 

 

ふくらはぎの役割を知ると、感謝してケアしてあげないと!と思いますね!

 

筆者自身、上記4つは習慣になっているので、むくみ等はほとんど感じることがありません。

サロンのお客様で実践された方の中には、ふくらはぎが細くなった方も多数いらっしゃいます!

 

体のいろいろな役割に支えられていることを知ることは大切なことです。

あなたの大切な人にもシェアしてあげてください(^○^)

みんなで元気いっぱいでいましょう!!

 

タイトルとURLをコピーしました