少しの工夫で元気いっぱいになりましょう(*^-^*)

尿路結石に女性は注意!妊娠中に尿路結石を再発してしまった体験記

尿路結石に女性は注意!妊娠中に尿路結石になってしまった体験記

最終更新日

 

 

尿路結石は男性がなることが多いイメージ?

いえいえ女性もなることは多々あるようです。

 

筆者(♀)は2度尿路結石の激痛と結石の排出の経験者です。

 

  1. 久しぶりのアノ激痛もやっぱり突然
  2. 妊娠8ヶ月で喰らったアノ激痛と人生初の救急車
  3. 産婦人科に1泊入院、そしてまた泌尿器科へ
  4. 前回よりもデカイ破壊力だった理由

 

 

 

2度目の経験は妊娠8ヶ月の時でした💦

その時のことをお伝えします。

 

1度目の経験はこちら👇

 

 

 

久しぶりのアノ激痛もやっぱり突然

 

久しぶりのアノ激痛もやっぱり突然

 

初めてのアノ激痛から約8年経ち、過去に尿路結石の激痛でのたうち回る思いをしたことをすっかり忘れていた30代手前の頃。

 

その時は次女がお腹の中に居て妊娠8か月のデッカイお腹を抱えた妊婦でした。

 

 


長女と2人で自分の実家に行った12月のある日。

 

やんちゃな長女は庭でじいじとボール遊び。

 

「今日は、お外遊びの相手が居るからぐうたらしちゃお~」

と、父親に長女を見てもらっている安心感で、秒殺でスコーンと夢の世界へ・・・ZZZ

 

夢見心地ながら、なんか背中が重くてだるくて痛いなぁと半分起き始め寝返りを打ったら・・・・・・

 

やって来た来たアノ激痛・・・💦

しかも今回は前よりも破壊力が増している気が・・・

 

前回よりも3倍くらい痛かったのです。。。

 

 

 

妊娠8か月で喰らったアノ激痛と人生初の救急車

 

妊娠8か月で喰らったアノ激痛と人生初の救急車

 

寝返りを打ったらいきなり来たアノ激痛・・・

 

 

 

あまりの激痛で、前回の時の冷や汗以外に、

  • 顔面蒼白
  • 吐き気
  • 貧血

そしてなにより心配なお腹に居る次女💦💦💦

 

「落ち着こう、きっと治まる、大丈夫」

 

と自分に言い聞かせながら、水分を摂って深呼吸をしたりしても、今回は随分長いこと痛みっ放し・・・

痛みには割と強い筆者ですが痛さで吐きそうという経験をしました(⌒-⌒; )

 

とうとうお腹がカチコチに硬く張ってきてしまい、お世話になっている産婦人科に母親がTELしてくれ、

「救急車呼んですぐ来なさい、だって!」

 

Σ(- -;;ノ)ノえっ? 救急車?私、救急車乗るの?もう何でもいいから誰か助けて・・・

そんな気持ちでしたね💦

 

 

 

 

救急車を待つ間におしっこをすると真っ赤な血尿・・・

こりゃ完璧石だろうなぁと確信。

そして洗面所の鏡に映った自分はお化けのような真っ白な顔色・・・

 

 

変な病気ではなくほぼ結石と確信・今から病院で診てもらえる、そんな安堵感と激痛で、ちょっと気が遠くなりながら救急車のサイレンが聞こえてきました。

 

 

産婦人科に1泊入院、そしてまた泌尿器科へ

 

産婦人科に1泊入院、そしてまた泌尿器科へ

 

救急車で産婦人科に着き、問診しながらお腹の様子を診てもらい背中にエコー検査という流れでした。

 

 

その間も痛みは全く引かず、院長先生が痛み止めの注射をしてくれました。

 

エコー検査ではっきり映らなかったらしく、

「はっきりしないけれど、石じゃないかな~。

1泊入院して点滴して様子みようか」

 

と、いきなり入院決定。

 

 

そして、病室に案内してもらいその頃にはケロッと激痛は消えていました。

しかし、今回は1発の破壊時間が長かった為か背中に軽い痛みがずっとありました。

 

「とにかく点滴をしておしっこをいっぱいして痛みがひどかったらナースコール押して!」

と、1時間おき位に看護婦さんが来てくれていましたが、私はさっきまでの激痛と不安感の疲れでウトウト・・・ZZZ

 

 

ウトウト→激痛で起きる→ウトウト→おしっこに起きるのサイクル。

そんなことを繰り返しているうちにあっという間に朝でした。

 

明け方にまた激痛がやって来た時には、痛みの位置が少し下がっていたのを感じたので更に石だなと確信しました。

 


 

産婦人科のおいしい朝ご飯を頂き、昼前には退院しその足で泌尿器科へ。

 

<泌尿器科で>

エコー検査で、

「左の腎臓が腫れてるね。あと尿管の途中に白い小さい影あるから石だね。大変だろうけど頑張って出して。取れたら石持ってきて。」

と、また検尿の紙コップとプラスチックの入れ物を渡され帰宅。

 

出た!この、結石採集キット!!

 

またこの流れか・・・

でも、石と分かった以上出すしかない!

 

どうかもう少し痛み弱めで出てきてくださいm(__)m

と祈るしかなかったです(笑)

 

 

 

帰宅後は、前回と同様薄めのお茶大作戦開始!

 

その次の日に、結石ゲットだぜ!!とめでたく今回の結石大騒動が終わったのでした💦

 

 

前回よりもデカい破壊力だった理由

 

前回よりもデカい破壊力だった理由

 

前回よりも3倍くらいの痛さだったわけが、出てきた石を見てすごく納得でした。

 

前回は、研ぐ前のお米の2周り程小さい丸い石。

 

今回は、すんごく小さい二等辺三角形・・・

三角定規の2~3ミリ位のミニチュアの石、みたいな。。。

 

 

めっちゃ尖がってますやん・・・

そりゃ痛いはずですやん・・・

 

しかしまたこんな数ミリの石っころにやられるなんて・・・

 

しかも、救急車にまでお世話になって・・・

 

ホントにもう、この石っころ・・・勘弁して💦

 

 

尿路結石第2弾が妊娠中に来たわけ

 

尿路結石第2弾が妊娠中に来たわけ

 

前回の尿路結石後、お医者さんに教えていただいたシュウ酸をカルシウムと結合させてから食べるということを心掛けていたつもりでしたが、年数が経ち管理が甘かったのかもしれません。

 

そして、妊娠中は普段よりも栄養を摂らなければいけないし、妊婦検診で貧血を指摘されていたので鉄分摂らなきゃ!と、尿路結石とか、シュウ酸とか、すっかり忘れていました・・・

 

それに12月だったので水分補給に気を配る事も怠っていました。

 

 

 

妊娠中は、自分の体調の変化もある中、お腹の赤ちゃんの為に栄養摂らないと!と思いますよね!

まずはお母さんの身体を万全な健康状態に近づけておくことが大事と、今でも心から思います。

 

 

 

そして、水分補給の大切さ・口から摂取するものの大切さ、何を食べるか、何を飲むかで、未来の自分の身体が作られる!ということはいつでも頭に置いておくべきですね!!

 

「今、何を口にするのか」

これは本当に大事ですね(*^_^*)

 

 


当時よりも情報が沢山ある今、尿路結石の予防になる情報も沢山あります。

 

 

特に大切な水分補給は尿路結石の予防だけでなく生命維持にも関わるので1番大切かと思います。

 

 


尿路結石になった当時の私はお水が嫌いでした。

味がしないお水なんてヤダなぁ💦

水道のお水はなんか鉄臭いなぁ💦

でもわざわざお水を買ってまで飲むなんて💦

と思っていました・・・

 

当時の私と今の私の大きく違うところはそこです。

 

今ではI LOVE お水!!

 

それからというもの、現在40代の筆者に再発はありません!

 

 

 

 

何を食べるか、何を飲むかで、未来の自分の身体が作られる!

 

みんな元気一杯な未来になりますように(๑╹ω╹๑ )

 

 

 


 

関連記事

プロフィール

ひよこ豆
現役セラピストのひよこ豆と申します。
わんこ大好きな2児の母です。
いつも周りの人たちの元気な笑顔に、
私自身が元気をもらっています(*^_^*)
元気があれば何でも出来る!
元気な笑顔がたくさん増えますように!

スポンサードリンク

応援よろしくお願いします(^^)/

にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ